復縁や恋愛の可能性は電話占術で知ろう

ニューエントリー

カテゴリ

新着情報

2014/06/03
タロット占いの概要を更新しました
2014/06/03
復縁とはを更新しました
2014/06/03
相性占いの概要を更新しました
2014/06/03
背中を押してくれる恋愛占いを更新しました
2014/05/02
相性を更新しました

馴染む

uranai

私達の生活の中に、あたりまえのように存在している占いですが、貴方も何気なく利用しているのではありませんか?
テレビをつければ星座占い、血液型占い、動物占い、様々な種類があります。
これらは人の気持ちや未来、運勢と言うような、直接見る事が出来ない物を判断する物。もしくは、その方法を指しています。

占術には無数の種類があり、その方法によって占える物の範囲や得意分野が変化します。
例えば、タロット占術は復縁や恋愛の可能性と言うように、人と人とが係る場合の可能性や心の動きを読むのが得意です。
星座占術等は、既に貴方が持っている誕生日等の情報を利用して、自分自身の属性を知る事に長けています。

歴史

占術とはどこから発生した物なのでしょうか?日本における占術の始まりは、中国から伝来した事がきっかけであると言われています。
当時、日本に占術として伝わってきたのは、太占と呼ばれる占術です。
現在では、占術をするのに水晶やカード、専用の盤等を利用して行います。
しかし、太占が伝わってきた当時は弥生時代ですから、そんな物はありません。
当時は動物の骨を砕き、その形や割れ方で状況を読み取っていたと言われています。

現代では、今日の運勢や復縁の可能性、ラッキーカラーと言うように、日常に関する物事を占う事が多いです。
しかし、占術が伝来したばかりの時は、日常的な事よりも政治経済の事と言うように、国を左右するような重要な案件を占いで決定していました。
それだけ、当時の占術は「信用されていた」と言う事なのです。

増加

tegaru

昔の日本には、今のように様々な種類の占術はありませんでした。
しかし、歴史が進むにつれて、日本国内で占術の種類は増え始めます。

例えば、平安時代に入ると「筮竹」と言う竹ひごを束ねたような道具を利用する占いや、「算木」と呼ばれる積み木に似た道具を利用して行う占いが登場しています。
現在でも馴染み深いような、水晶占術や九星占術が登場し始めたのは、鎌倉時代になってからです。
日本の占術という物は、このあたりの時期に完成したと言われています。


外部リンク

千葉で当たると評判が高い占いをあなたも体験しよう;SEISEN

復縁のコツが掴める|FAX探偵ドットコム
[0]